弾丸日帰り山形へ。かみのやまの農家 北澤 正樹 さん宅にて、今年一番の干し柿をかける瞬間を撮る。蔵王の峰に雪が降ると、蔵王おろしが吹いてくるようになって、その冷たい風が干し柿を甘くさせるんだそうである。急に寒くなり、紅葉が日一日濃くなっていって、そういえば今頃たぶん秋田ではいぶりがっこをつくるために大根を燻しているはず。北国は寒い寒い冬をしのぐための、下ごしらえが始まっている。

毎年のことだが、東北の今頃の気温がよくわからず、東京装備で夕方、山形新幹線を待つホームがあまりにも寒く、コンビニで調達したカップヌードルの暖かさが幸せである。