山椒の鉢植えと、青葱の水耕栽培の実験。薬味はベランダにわざわざ場所をとらなくても、ぱっと使えるところに育てておいて、スーパーで個別買わなくても良さそう。葱は水に入れているだけで1時間に何ミリという単位で延びる。

とりあえずなんでもガラスに入れると、いわゆる『園芸』の世界の辛い感じから脱することができるようだ。ただし、鉢植えは底に穴を開けなければならない。ダイヤモンドドリルでがりがり削ること10分、貫通する瞬間に亀裂が入らないようにするのが難しい。安物のドリルビットだと、2穴あけてダメになる。しかし既製品は皆無なのでひたすら穴開けの日々。