軽さが自慢のCanonのエントリー機「EOS Kiss X7」から、思い切って光学ファインダーを捨てて、SONYのフルサイズミラーレス「α7RII」(+カールツァイスレンズ)に乗り換えて1年ちょっと。この間、だいぶフルサイズミラーレスカメラのスペックが読み取れるようになった。このまま順当にスペックアップするとなると「α7RIII」(上位モデル・4800万画素)となるのであるが、まぁキャッシュバックキャンペーンでも始まるまで今のままでいいや。としばらくやり過ごそうかと思っていたところ。端から端まで丁寧にスペックを読み込んでいくと、ベーシック機種である「α7III」(ベーシックモデル・2400万画素)がけっこうとんでもないカメラなんじゃないかと思えてきた。

たった一年での買い換えまで踏み切らせたのは「タッチフォーカスポイント操作機能」の存在によるところが大きい。「電子ビューファインダーをのぞきこみながら、左手の親指で液晶をタッチしてドラッグすると、ピント合わせの位置を移動できる」というこれは、上位モデルである「α7RIII」には無い。オートフォーカス大前提で写真を撮っていくぞ、という自分自身のカメラの使い方にはこれは革命的だ。

それから、そもそも4800万画素は邪魔なのである。そうそうしょっちゅうA1サイズに出力することがあるものか。RAWファイルで1枚当たり40MBもあって、一回の取材で1,000枚撮れば40GBにもなる。32GBのSDカードで足りなくなることもしばしば。

その他、RIIで抱えていた運用上の課題が、IIIになってウソのように解決した。

・写真の解像度 7952 x 5304ピクセルから6000 x 4000ピクセルに下がった結果、ファイル保存容量が半分で済み、Adobe LightroomでのRAW現像時間も速くなった
・AF測距点数399点から、693点への増加によりAFの吸い付きが強化(上位モデルα7RIIIは399点のまま)
・ISO50-102400から、ISO50-204800への増加により、暗闇での撮影が強化(上位モデルα7RIIIはISO50-102400のまま)
・SDカードスロットが二つになったことで、予備カードを入れっぱなしにできるようになった結果、カードをPCに刺したまま忘れていても大丈夫
・SDカードスロットがUHS-II規格に対応したことで、95MB/秒から300MB/秒に高速化
・バッテリー容量の倍増により、撮影可能枚数が340枚から710枚に倍増。動画撮影時間も同様に倍増
・連写撮影した写真を、連写単位でまとめて削除できるように

上位モデルである「α7RⅢ」よりも、ベーシックモデルである「α7Ⅲ」の方が優れている点が多くあるのだ。

この結果、ファインダーを覗き込みながら、左手の親指でフォーカスポイントを合わせながら、右手の人差し指で、秒間10コマの連写撮影でズダダダダダダダダダダダーーーーーー、っと動体を連写撮影して、良かったカットのみを現像するというような撮影手法が現実的に使えるものになった。これまで、α7シリーズというのは、静止したものしか撮れないカメラだったのが、やっと光学ファインダー機なみに動体撮影ができるようになったわけだ。これで買い換えコスト差額8万円程度であれば、買い換えは早いにこしたことはない。

α7シリーズ、2013年に世界初のフルサイズミラーレスカメラとして登場したものの、オートフォーカスが弱いわ、レンズは揃ってないわで、長らくアヒルと揶揄されてきたが、アヒルの子はアヒルではなかったのだ。遂に白鳥となって、ソニーは今年か来年発売されるであろうキャノン・ニコンのフルサイズミラーレス機と戦う。

2017
MacBook 12 Early 2017 920g
SONY α7RII 625g(バッテリ・カード込み)
ZEISS Batis 2/25 335g
ZEISS Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA 281g

2,161g



2018
MacBook 12 Early 2017 920g
SONY α7III 650g(バッテリ・カード込み)
ZEISS Batis 2/25 335g
ZEISS Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA 281g

2,186g

25g増加



画面の端から端までパッキパキに解像 α7RII
http://tamalog.me/a7rii/

カメラは軽く、Macは速く EOS Kiss X7
http://tamalog.me/kiss_x7/