ここは北海道は美瑛の青い池・・・ではなく、東京23区内の武蔵野の残像が残る家の隣なのですが。深夜2時頃までに降り積もった雪は約30センチ。翌朝の天気は快晴ときたら、早起きするしかない。日の出と共に起床、7時丁度に出撃。雪が溶け出してしまう9時頃までの間の勝負。溶け出してきた雪があられのように降ってくる中、池全体が湯気のようなものを発し始めた。東北のおかげで雪装備はバッチリ。ZEISS Batis 2/25レンズにて。

サラリーマンの出勤に逆走

ハンノキ、イ草、蒲の穂など

7時54分、鋭角に光が差し込んできて溶け始める。カワセミ目視

野鳥保護地帯。カワウ、カモ類目視

湧き水湧き出し口横。池から湯気が。あられ雪を被りながら行軍


日本画のようなハンノキ。雪だか水だかわからんものがボロッボロ降ってくる

最深部がちょっとだけ氷紋のように見える。今日通り過ぎる人はどうも外の人間が多いような

コブシ。このあたりから青が鮮烈

足利幕府時代の城跡。去年の台風で倒木し、視界がひらけた

ススキ、蒲の穂、コウホネ、カキツバタ地帯


なんとなく青の捉え方が見えてくる。青いところはだいたい日陰

山桜と山藤と睡蓮とイヌシデなど


水面に濃い陰影をもたらしているものは、木の陰だと認識