design works

「この人たちいいことやってるのになー、大事なことがぜんぜん伝わってないのにな」っていうイノベーターの情報発信のお手伝いが、主な仕事。カメラを持っていって現場に張り付いたり、やっていることを聞き込んでキャッチコピーを考えたり、取材して記事を書いたりという広告制作的なことから、パンフレットやウェブサイトを作り出したり、商品企画を一緒に考えたり、ネットで販売する、ユーザーインターフェイスを考えるなどなど、情報デザイン的なことまで幅広くイノベーターのみなさんのサポートをしていて、プロジェクト単位で関わっている。

東北食べる通信 2017年10月号 玄米

東北食べる通信10月号の入稿が完了。東北食べる通信、ちょっと変わりました。編集体制が変わったこともあって、臨機応変に次ぐ臨機応変の編集部スタッフ総力戦である。編集長による熱い熱い農家さんに対する情熱の…

Urban Vege Akishima 2020 収穫祭 バックキャスティング

これは、2020年に東京都昭島市で開催されるアーバンベジ・昭島2020という架空のフェスティバルイベントの会場案内を想定したA1サイズの地図パンフレットである。バックキャスティングと呼ばれる手法を用い…

東北食べる通信 2017年9月号 豚

東北食べる通信9月号の入稿が完了。二回目の豚。今回はデュロック種と呼ばれる豚で全体に毛並みが赤かったりちょっと紫がかっていたり、その名も「赤豚」としてブランド化されている。取材の中でバラ・モモ・ロース…

東北食べる通信 2017年8月号 棒穴子

東北食べる通信8月号の入稿が完了。記念すべき50号にこの食材のチョイスというのが挑戦的というかなんというか。今回は日程の都合で現地に行けなかったので、写真はすべて 山下雄登 撮影。表紙の写真がどうなる…

東北食べる通信 2017年7月号 トマト

これまでいろんな赤をやってきた。最初は、創刊二号目の短角牛から、次に水蛸、槍烏賊、紅海老、海鞘、黒鮪、黒毛和牛と、いろんな赤があったけど、少しずつ茶色かったり、オレンジっぽかったりとムラがあったが、こ…

大井町の台地の風景から見える 30のかみさま

となりのトトロの草壁家の隣にある神社の巨木、天空の城ラピュタそのものを構成する巨木、スタジオジブリ作品で僕らが見てきた巨木と社の風景は、背景画を描いた男鹿和雄さんの故郷、秋田の風景だと言われている。里…

発酵する正餐 メニューパンフレット

全国各地の発酵食品を、アル・ケッチァーノの奥田政行シェフが監修・料理し、身体と知識の両方が喜ぶ知的エンターテイメントなひととき「発酵する正餐」イベントのメニューパンフレットを、この企画の仕掛け人である…

野性復帰計画 ウェブサイト

URL >> http://yaseifukki.jp Data : 2014.04 – 2016.07 (version2.0) Client : 株式会社野性復帰計画 Visual Identit…

hanasaka時計 for iPhone

hanasaka時計、リリースしました。フライング公開していたVer1.0.2 における、起動時にロゴ表示で固まってしまうなどのバグを解消した、正式なファーストリリースになります。対応しているのはiO…

hanasaka時計 コンセプトブック

hanasaka時計をクラウドファンディングで支援していただいた方のための、2016年のカレンダーに見立てたコンセプトブック。1月〜12月まで各月10枚づつ、計120枚の写真による八百万神をヴィジュア…

馬と暮らすまち遠野 ブランディング

A1サイズパネル 岩手県遠野市綾織。「勝手に公共事業をやっているんです」と、農家の伊勢崎さんは、見学にやってきていた遠野市の職員の方を前に言った。ああ、なるほどそういうことか。と。じゃあまずそのやりた…

悲しみから希望を紡ぐ ダライ・ラマ法王と100人の宗教者の対話 報告書籍

超豪華本が完成。2013年11月19日、増上寺で行われた「ダライ・ラマ法王と若手宗教者100人の対話」での法王猊下の講演録も含まれたこの本、3,500円、限定150部で販売中。ぱっと見、チベット仏教の…

東北食べる通信

2012年末、食べ物の仕事がしたいと思っていた。あっちこっちでそんなことを言っていたら、友人の今村久美によって東北に呼ばれることに。具体的には、宮城県の石巻、南三陸、岩手県の花巻、遠野、久慈あたりに毎…

KIRA KARACHO ウェブサイト

京都の唐紙屋、KIRA KARACHOさんのウェブサイト。唐長さんは2006年、かれこれ今から7年前、四条烏丸を通りかかってお店に入ったときに、何百種類もある文様の世界に魅せられて以来、ご縁あって去年…

ニシアワー ウェブサイト

岡山県西粟倉村のポータルサイト。ニシアワーのブランディングコンセプトは、季節。都市にいるとなかなか感じられない季節の移り変わりやいきものたちを、ここの製品を買ってくれる人たちに届けて行く。ウェブサイト…

alex-kerr.com 日本語版ウェブサイト

東洋文化研究家であり、ノンフィクション作家のアレックス・カーさんのウェブサイトをつくった。 アレックスさんは日本の各地を回り、古民家再生や日本の原風景を維持するためのプロジェクトを多数進めている。 —…