すべての風と雪が秋田県に向かってやってきているような天気図の日に。風速20m、波の高さ5m。足踏ん張ってないと、ジャンプした瞬間に風に吹き飛ばされるような暴風雪。この日「秋田県八峰町では瞬間最大風速30.5mの暴風が吹き荒れた」そう。冬の日本海は荒れるというが、陸地でも立っていることができないのだが、最も日本海らしい風景だ。これがいいのだ。この嵐の下に、美味いものたちが居ると思えば、冬の日本海を見ているとヨダレが出てくる。


1年に10匹くらいしかかからないという太刀魚。顔が潰れてしまって売り物にならないらしい太刀魚の塩焼きが今夜の晩ご飯。東北食べる通信3月号漁師山本さんの奥さん。秋田の内陸部から嫁にやってきた、漁師のよめこが消費者目線で漁師の日常を書いているよめこブログ
http://ryoshiyome.blog106.fc2.com

今夜の主役はもちろんヤリイカ

その他今夜の食材。太刀魚、ホウボウなど