武蔵野の森の残像

山手線から見て東京の西側はかつて広大な武蔵野の森、もしくは原っぱ、もしくは畑と農村であった。それも太平洋戦争が終わった20世紀半ばまで。戦後あまりにも急激な変化で埋め尽くされた家々やアスファルトやコンクリートの下に、なにがあったのかについてのフィールドワークの記録。

武蔵野うどん屋の満州うどんと、壇流クッキング

満州うどん。最も近距離で食べられる、ここらへんで冬期、最も美味い食い物の一つである。家から徒歩5分、池の周りを半周ぐるりと散歩して行った先に店がある。満州うどんは「むさしの エン座」で食べられる冬季限…

エメラルドグリーンティー

いや、そんなものは無いのだが、レンズ越しに映り込んでくる緑色の神々しさよ。およそ20年ぶりの秩父で茶摘みから製茶して飲むまでを一通り体験。摘んだその日に30秒ほど蒸して、何人かで一斉に軍手でこすってこ…

FUDO FOOD

青々とした小麦に、白いつぶのような花咲く。関東地方は小麦の一大産地だった。武蔵野うどんから記憶の糸を手繰っていくと、子供の頃は手打ちのコシのある「きちんとした」(スーパーで売っているあのコシもくそもな…

(募集終了)白石農園メンバー募集!若干名、東京23区内(練馬区)で一緒に畑をやりませんか?

スーパーマーケットでお金を払って食料を買い、またフィットネスジムでお金を払って運動するって、二重にお金をとられていて、おかしな話だよな。まるで鶏舎に繋がれたままのブロイラーの鶏のようだと思っていた20…

高尾山に群生する霜柱の花

先日の大寒波の日に見つけた霜柱の氷柱。これでもれっきとした植物で、シモバシラの花、と呼ばれたりする。枯れた茎の中に水が吸い上げられて、気温が氷点下になると水が凍って、茎から氷の花が咲くという仕組み。 …

河骨

我が家の隣は、東京23区内でも珍しく水生植物が豊富に残されている公園である。丁度一年前の今頃、水辺に黄色いものが突き刺さっているのを発見した。200mmの望遠レンズで覗いてみると、水の中から突き出てい…

カタクリの花咲く、武蔵野の森の残像

家の近くにカタクリの群生地を発見。現在三分咲き。近くといっても2kmくらいあるけれど・・・。いつもの水辺からは離れた場所。このあたりは探せばまだ武蔵野の森の残像が、ごく僅かに存在する。パッチワークのよ…

森と人が住む場所が適切に整理されていたら

東京にいるとたまに森がまだどこかに残ってはいないものか、ふらっと電車に乗って彷徨ってみることがある。今日の夕暮れ、かつて武蔵野の森と呼ばれた地域の一角に、とても世界観が作り込まれたカフェを発見。ああ、…

東京23区内、武蔵野の水辺への引っ越し

東京23区内の某所水辺に引っ越して以来かれこれ2ヶ月近く。新居のインテリアのとりあえずの完成。 やっと、やっとあっちこちの家にあったものが一カ所に収まった・・・。二拠点生活というのは実に金のかかるもの…