東北食べる通信 2ページ/2ページ

東北食べる通信 2016年11月号 洋梨

野本さんのラ・フランスは花だった5月から数えて計3回通った。丁度5月号蔵王ハーブの取材(5月3日)の前日に花を撮影していた。2回目は収穫のとき、3回目は出荷のとき。農産物はいきなり収穫のタイミングで取…

東北食べる通信 2016年10月号 蕎麦

40号目にして初めての東北開墾の拠点であり、編集長の地元でもある岩手県花巻市を取材した。今回取材先である、酒勾徹さんの農園ウレシパモシリに行ったのは、もうかれこれ3年半も前の2013年の、まだあたり一…

東北食べる通信 2016年9月号 鰆

3回連続の海・魚介類が終わった。取材で出た初めての日本海はあおかった。蒼・碧・青、どの漢字が最も当てはまるのか悩ましい。アオというよりは鮮やかな水色というか、そこにまだ強烈な夏の終わりの太陽光がサワラ…

東北食べる通信 2016年8月号 眼梶木

急遽、5日間に渡る太平洋上の船上取材だった。そうです。写真は主に船上カメラマンを名乗る 山下 雄登 が撮影。38号目にして遂に現地取材に行けなかったが、編集長 高橋 博之 の思い入れの強さで出来上がっ…

東北食べる通信 2016年7月号 蜆

しじみというものが放つ独特の艶やかさがある。おそらく、湖面から出てきた瞬間のしじみは、こんな、ぬめっとした、黒光りした姿をしているのです。まだ半分湖水に浸かっているしじみ。(撮影:黒田知範)彼はおそら…

東北食べる通信 2015(3年目・25号〜37号)

東北食べる通信 2015年7月号 大蒜(青森県田子町) 久しぶりに約1年ぶりに緑色の表紙であります。じりじりと照りつけてくる太陽と、汗とほこりにまみれながらの取材。いろんな意味で、土とはなにかを考えさ…

東北食べる通信 2014(2年目・13号〜24号)

東北食べる通信 2014年7月号 青森シャモロック(青森県五戸町) 青森シャモロック、伊藤若冲風。東北食べる通信7月号は、特集のテーマが重く、どうしても暗くなってしまい、後半ページは全体的に生き生きと…

東北食べる通信 2013(1年目・1号〜12号)

東北食べる通信 2013年7月号 完熟牡蠣(宮城県石巻市) 2012年末、食べ物の仕事がしたいと思っていた。あっちこっちでそんなことを言っていたら、友人の今村久美によって東北に呼ばれることに。具体的に…