玉利康延 プロフィール



● 社会的事業や地域活性イノベーターの応援業

「この人たちいいことやってるのになー、大事なことがぜんぜん伝わってないのにな」っていうイノベーターの情報発信のお手伝いが、主な仕事。カメラを持っていって現場に張り付いたり、やっていることを聞き込んでキャッチコピーを考えたり、取材して記事を書いたりという広告制作的なことから、パンフレットやウェブサイトを作り出したり、商品企画を一緒に考えたり、ネットで販売する、ユーザーインターフェイスを考えるなどなど、情報デザイン的なことまで幅広くイノベーターのみなさんのサポートをしていて、プロジェクト単位で関わっている。


1998年頃、昭和の日本の製造業に憧れを持っていた当時、プロダクトデザインの世界を志すべくエレファントデザイン株式会社に入社。「空想生活」プロジェクトの企画立ち上げを担当。物作りの大量生産に限界を感じつつもインターネットでの企画プロモーションに可能性を感じる。

2002年頃、キャリア教育NPO「カタリバ」の立ち上げに関わることがきっかけとなって社会的起業のデザイン的な側面でのスターティングサポートを行うようになる。

2003年から5年間に渡って竹村真一氏(文化人類学者・京都造形芸術大学教授)からの誘いで、実行委員のメンバーとして「100万人のキャンドルナイト」の企画広報ディレクションを行う。2004年からクリエイティブエージェンシー「サステナ」で環境問題をテーマにした、ウェブデザイン、エディトリアルデザインなどを担当。

2006年頃から徐々に拠点を京都に移す。2007年、東洋文化研究家であるアレックス・カーとの出会いから、古民家再生と日本家屋におけるしつらえに興味を持ち、2009年、京都市の自宅を改装し整え、食をテーマにしたシェアハウス「kyoto kitchen」を始める。

2010年、岡山県西粟倉村の森林と地域に起業家を集める会社「(株)西粟倉・森の学校」と、その代表である牧大介氏とともに、人口1,600人の村が過疎高齢化に挑戦していくプロセスに、広報・ブランディングの側面から関わり始める。以後、定期的に西粟倉村に通う。

2012年末、東日本大震災から一年半後の宮城県石巻市にて、高橋博之氏に出会い、彼の考えている東北の一次産業のかたちを可視化するため、翌2013年7月に月刊誌「東北食べる通信」を創刊。以後毎月東北の一次産業の現場を取材に通う。


● お仕事のご相談はこちらまで
Email : tamachan.ha.azarashi@gmail.com
Facebook : https://www.facebook.com/tamachangg
Twitter : @tamachangg

● メディア掲載履歴
○○化するデザイン: JAGDA REPORT 公益社団法人日本グラフィックデザイナー協会 2015/06
だから、ぼくは農家をスターにする『食べる通信』の挑戦 高橋 博之 (著) 2015/06
地域の魅力を伝えるデザイン ビー・エヌ・エヌ新社 2014/12
・2025年の住まいを考える3.11後の移行期的住まい論(リクルート住まい研究所・社内資料) 2013/03

● 受賞履歴
GOOD DESIGN AWORD2014 金賞(東北食べる通信)
GOOD DESIGN AWORD2004 新領域部門(100万人のキャンドルナイト)

● 仕事上の記事執筆リスト
森と水と暮らしをつなぐ小さな家づくり。 滋賀県高島市での、新しいチャレンジ(2016年8月)
http://guruguru.jp/takashima/takurami/takashima.html

一見なんの特徴も無い田舎だからこそ、開拓の余地があるフロンティア、北海道厚真町(2016年9月)
http://guruguru.jp/atsuma/takurami/atsuma.html

東北食べる通信2014年8月号 庄内に残った、おばあちゃんの味
http://tamalog.me/works/taberu201408/

ニシアワー・リノベーション記事関連(2012年1月〜2014年6月)
http://guruguru.jp/nishihour/kurashi/royal_annex2.html
http://guruguru.jp/nishihour/kurashi/royal_annex.html
http://guruguru.jp/nishihour/kurashi/patagonia.html
http://guruguru.jp/nishihour/kurashi/nota.html
http://guruguru.jp/nishihour/kurashi/kamaji_house.html
http://guruguru.jp/nishihour/kurashi/ikeda_tei.html
http://guruguru.jp/nishihour/kurashi/okaku_tei.html
http://guruguru.jp/nishihour/kurashi/kyoto-kitchen.html
http://guruguru.jp/nishihour/kurashi/yamada_tei2.html
http://guruguru.jp/nishihour/kurashi/yamada_tei1.html
http://guruguru.jp/nishihour/kurashi/ishida_tei.html

コーヒーハウスから電子書籍まで 松丸本舗BOOKWEAR PROJECT(2011年2月)
http://tamalog.me/bookgift/03/

コメントはまだありません »

コメントを残す

たそがれ野育園 パンフレット
野育園(のいくえん)のパンフレットをつくった。菊地晃生さんのつくったお米とバーターで。昔「米本位制を復活させよう!」って冗談で言ってたけれど、ちょっとだけ実験している。 野育園とは。秋田県潟上市でお米をつくっている米農家の菊地さんが、自分の田んぼに定期的に周辺地域(秋田県から周辺近県まで)の子供達とその家族がやってきて、米作りをしながら子育てしていくという、新しい保育のかたち。といったとこ
yasei201508
野性復帰計画 2015年夏 イベントチラシ
クライアント:株式会社 野性復帰計画 グラフィックデザイン:玉利康延 イラスト:上川七菜(半月舎)
201502_zaimokuya
みんなの材木屋 ブランディング+ウェブサイト
このプロジェクトのブランディングにおいては「材木」というものをいかにして画面上で物体として認識できるかという限界に挑戦した。同じ木目が機械的にリピートされないようにどうしたらうまくばらけてくれるか。杉には赤みと白みと黒みがあること。夏目と冬目のコントラスト調整などなど。 Details »
inuwashi1
南三陸の森里海マップ
donko1
相馬のどんこつみれ パッケージ・ポスター
2013_yasei1
明治大学 野生の科学研究所パンフレット
中沢新一さん率いる、明治大学 野生の科学研究所のパンフレットを製作しました。このパンフレットを製作するにあたって、定期的に中沢氏にマンツーマンでお話いただいたのは大変に勉強になった。なんとなくぼやっと未来はこっちにあるかな?と思っていた方向性を、かなり明確に裏付けていただけたという思いがある。しかし、とても残念なことにそのことが書かれた一番肝心の箇所が最終的に印刷物に反映されなかったことが悔
biwa1
びわこ一周サイクリング(お蔵入り)
poralis
西粟倉村で採れた瓶詰めパッケージ
waribashi
つかえばつかうほど森が再生されるワリバシ
kome
メダカ米
2011_matsuoka
コーヒーハウスから電子書籍まで
丁度、東日本大震災が起こる直前に、松岡正剛さんと対談させていただいた記事を書いていました。 Details »
2008_dwmk
大地を守る会ネットストア(お蔵入り)
お蔵入りになった企画から、必ず新しいものが生まれるという経験則が僕にはある。2008年、有機野菜宅配大手の大地を守る会に提案したウェブサイトのリニューアル案は、まったく理解されず採用されることなく、結果的に季節変化の部分に関しては『nishihour』のコンセプトの根幹となり、食べ物に関する表現ほぼすべてが『東北食べる通信』の表現になった。 いまひとつ垢抜けない大地宅配が、ネット販売を始め
2008_echigo-tsumari5
越後妻有アートトリエンナーレ2009 アートマップ
2008_echigo-tsumari1
越後妻有アートトリエンナーレ2009 ウェブサイト
2008_hiroko1
hiroko otake portfolio
URL ▶ http://www.hiroko-otake.com
2008_bellagaia1
BELLA GAIA ウェブサイト
2007_dignity2
ディグニティ ウェブサイト
2005_wb1
ほっとけない世界のまずしさキャンペーン ウェブサイト
2004_food1
フードマイレージ ウェブサイト
2004_sustena1
sustena ウェブサイト
2003_candle3
candle scape
ユーザーが投稿したくなる動機をデザインすること。2003年の6月22日夏至の日、僕らの作ったcandle scapeは12592人のココロの灯りを繋いで一つのメディアアートとして完成した。その後も何回か行われたが、本当にココロを繋ぐことが出来たのはあの一回きりだったと思う。 Details »
2003_candle1
100万人のキャンドルナイト 2003夏至 ウェブサイト
「2003年6月22日(夏至)の日、8時から10時の2時間、日本中みんなでいっせいにでんきを消すんだよ、それをなんとか可視化できないかな?」と竹村真一さんにお声がけいただいた2003年4月のある日から、2008年の夏至まで5年間ウェブサイトの企画・運営を行っていました。 Details »

Tagcloud

sustenaでの仕事 京都府南丹市 宮城県南三陸町 山口県上関町祝島 山形県鶴岡市 岡山県西粟倉村 新潟県十日町市 滋賀県彦根市 福島県相馬市 秋田県潟上市