taberu201509
東北食べる通信 2015年9月号
創刊以来最多登場3度目の石巻市。2度目の牡鹿半島。今回は出港30分で船酔いによりノックアウト。ホヤの養殖棚は浮力が高いために酔いやすいそうな。編集長以下乗り合わせたスタッフみんな惨敗の中、船上カメラマンを自称する山下雄登くんの三半規管は超人的に元気で今回も彼の撮った写真によりみなさんに現場の雰囲気をお伝えできるという次第であります。 しかし、気になるのは昨日のチリ地震による津波は大丈夫だっ
201410_michiben3
道弁
東北食べる通信からの派生第2弾。羽田空港で売ってた『空弁』に続く『道弁』環境省さまへの納品。お弁当コーディネートはフードデザイナーズネットワーク中山晴奈 さん。文章は 小野民ちゃん。イラストは 青木賢吾 さん。裏方で必死だったのは東北開墾の鈴木くん。 Details »
201409_1
東北食べる通信 2014年9月号
宮城県石巻市雄勝の船越湾。ここにはかつてたぶん家がたくさん建っていたはずの被災地だ。対岸が十三浜、その奥が南三陸町。三陸沿いの地名が自分の中で繋がって行く。ひさびさの漁船。ひさびさの夜明け前の空。創刊号以来ひさびさの石巻。今回の主人公は本誌最年少の漁師、弱冠なんと23歳。 Details »
p0
東北食べる通信 2013年7月号
いまから半年ほど前の2012年末、食べ物の仕事がしたいと思っていた。あっちこっちでそんなことを言っていたら、友人の今村久美によって東北に呼ばれることに。具体的には、宮城県の石巻、南三陸、岩手県の花巻、遠野、久慈あたりに毎月一度、3〜4日は取材して回る生活が始まっていた。4月から具体的に動き出し、まる3ヶ月とちょっとをかけて、D4タブロイド判サイズの情報誌「東北食べる通信」の第一号が完成。 D
kaikon_web
NPO法人 東北開墾ウェブサイト
NPO法人 東北開墾のロゴは赤である。岩手の雑穀が赤かったのもあるんだが、高橋博之という人を見ていると、戦隊物の赤レンジャーの雰囲気が常に漂っているからっていうのもある。庄内地方の在来野菜にも赤が関係するものが多い。東北には赤が似合う。 Details »
2012_liveon_03_gakko
いのちの学校 告知チラシ

Tagcloud

sustenaでの仕事 京都府亀岡市 京都府京都市 京都府南丹市 宮城県南三陸町 宮城県川崎町 宮城県東松島市 宮城県栗原市 宮城県石巻市 宮城県蔵王町 山口県上関町祝島 山形県白鷹町 山形県真室川町 山形県長井市 山形県鶴岡市 岡山県西粟倉村 岩手県久慈市 岩手県八幡平市 岩手県大槌町 岩手県大船渡市 岩手県洋野町 岩手県花巻市 岩手県西和賀町 岩手県遠野市 岩手県陸前高田市 徳島県三好市 新潟県十日町市 東京都世田谷区 滋賀県彦根市 滋賀県高島市 福島県いわき市 福島県会津若松市 福島県喜多方市 福島県相馬市 秋田県仙北市 秋田県八峰町 秋田県横手市 秋田県潟上市 秋田県男鹿市 長崎県小値賀町 青森県五戸町 青森県佐井村 青森県外ヶ浜町 青森県深浦町 青森県田子町